お見積り・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

SOGAのものづくり

真空気密、溶接品質の
ヘリウムリークテスト

真空容器・圧力容器へのリークテスト

真空容器・圧力容器での重要な品質であるリーク。 この溶接部のリークを検査する方法として、浸透探傷検査・気密検査、また検査の中でも最も厳密にリークテストが可能なヘリウムリークテストを行い、真空容器・圧力容器での溶接品質を保証しております。

当社のヘリウムリークテストは、製品の特性に応じて真空フード法・吹付法(真空容器)、スニファー法(圧力容器)での検査を行っております。また、当社のヘリウムリークテストの環境は小物から大物まで対応しており、ご要望に応じてヘリウムリークテストのみの対応も可能です。

【検査実績】
最大 内容量 1500L
真空溶接品質:ヘリウムリークテスト(真空フード法)
内容量 30~1000L程度 溶接構造容器
応答時間30分 漏れ量×10-8~ 10-9㎩・㎥/sec 以下での製造

真空吹付け法

試験体内を真空に排気し、吹付けプローブを用いて試験体外にヘリウムガスを吹き付け、試験体内に洩れ込んできたヘリウムガスを検出する方法です。
微小漏れ箇所の検出に最適であり、洩れの可能性のある部分を走査します。

真空フード法

真空吹き付け法と同様に、試験体内を真空に排気し、試験体外側をフードで覆い、フード内にヘリウムガスを充満させ、試験体内に洩れ込んできたヘリウムガスを検出する方法です。
真空吹き付け法が漏れ箇所を特定することを目的としているのに対し、洩れの総量を把握したい場合に有効です。
真空フード法は試験体全体の漏れを見落としなく検出出来ますが、洩れ位置の特定が出来ないので、洩れ位置の特定が必要な場合は真空吹付け法を事前に行います。

スニファー法

試験体内部をヘリウムガスで加圧し、漏れ箇所から外部に漏れ出るヘリウムガスを、リークディテクタに接続した吸込みプローブで吸引し、漏れを検出する方法です。